Shinya YAMAMOTO / 山本 眞也 / やまもと しんや

Publications

Journal Paper / 学術論文誌

  1. Shibata, N., Yamamoto, S.:
    GPGPU-Assisted Subpixel Tracking Method for Fiducial Markers,
    Journal of Information Processing, Vol.55, No.1, pp.19-28, (January 2014).
  2. 清川皓太,山本 眞也,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間を用いた情報家電のためのリモコンフレームワーク
    情報処理学会論文誌,Vol.52,No.2, pp.596-609, (February 2011).
  3. 山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    実・仮想空間を跨るインタラクションを実現するためのQoS適応機構とその評価
    情報処理学会論文誌,Vol.50,No.2,pp.765-776, (February 2009).
  4. 西川 博志,山本 眞也,玉井 森彦,西垣 弘二,木谷 友哉,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    仮想空間を用いたスマートスペースアプリケーション向けシミュレータ
    情報処理学会論文誌,Vol.49,No.2,pp.774-785, (February 2008).
  5. 山本 眞也,村田 佳洋,安本 慶一,伊藤 実:
    マルチユーザネットワークゲームにおける負荷分散および遅延時間を考慮したイベント配送方式の提案
    情報処理学会論文誌,Vol.47,No.2,pp.475-483, (February 2006).

International Conference (Reviewed) / 国際会議 (査読付き)

  1. Kashimoto, Y., Ogura, K., Yamamoto, S., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Saving Energy in Smart Homes with Minimal Comfort Level Reduction,
    Proceedings of IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2013) Work In Progress session, pp.372-376, (March. 2013).
  2. Nakamura, Y., Yamamoto, S., Tamai, M., Yasumoto, K.:
    Supporting Daily Living Activities using Behavior Logs and Augmented Reality,
    Proceedings of the 5th International Workshop on Smart Environments and Ambient Intelligence (SENAmI 2013), pp.658-663, (March. 2013).
  3. Kouakou, M.T., Yasumoto, K., Yamamoto, S., Ito, M.:
    Cost-Efficient Sensor Deployment in Indoor Space with Obstacles,
    Proceedings of the 13th IEEE International Symposium on a World of Wireless, Mobile and Multimedia Networkds (WoWMoM 2012), pp.1-9, (June. 2012).
  4. Yamamoto, S., Kouyama, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Maximizing Users Comfort Levels through User Preference Estimation in Public Smartspaces,
    Proceedings of the 7th IEEE International Workshop on PervasivE Learning, Life, and Leisure (PerEL 2011), pp.187-192, (March. 2011).
  5. Kiyokawa, K., Yamamoto, S., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    UbiREMOTE: Framework for Remotely Controlling Networked Appliances through Interaction with 3D Virtual Space,
    Proceedings of ACM Multimedia Systems 2010 (MMSys2010), pp.271-180, (February. 2010).
  6. Yamamoto, S., Murata, Y., Shibata, N., Yasumoto, K., and Ito, M.:
    QoS Adaptation for Realizing Interaction between Virtual and real Worlds in Pervasive Network Environment,
    Proceedings of the 17th International workshop on Network and Operating Systems Support for Digital Audio & Video (NOSSDAV 2007), pp.119-124, (June 2007).
  7. Nishikawa, H., Yamamoto, S., Tamai, M., Nishigaki, K., Kitani, T., Shibata, N., Yasumoto, K., and Ito, M.:
    UbiREAL: Realistic Smartspace Simulator for Systematic Testing,
    Proceedings of the 8th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), LNCS4206, pp.459-476, (September 2006).
  8. Izaiku, T. Yamamoto, S., Murata, Y., Shibata, N., Yasumoto, K. and Ito, M.:
    Cheat Detection for MMORPG on P2P Environments,
    Proceedings of the 5th Workshop on Network and System Support for Games (NetGames2006), CD-ROM, (October 2006).
  9. Yamamoto, S., Murata, Y., Yasumoto, K. and Ito, M.:
    A Distributed Event Delivery Method with Load Balancing for MMORPG,
    Proceedings of the 4th ACM SIGCOMM workshop on Network and system support for games (NetGames 2005), pp.1-8, (October 2005).

International Conference (Demonstration) / 国際会議 (デモ発表)

  1. Kouakou, T. M., Yamamoto, S., Yasumoto, K., Ito M.:
    Deployment planning tool for indoor 3D-WSNs,
    Adjunct Proceedings of the 12th ACM International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2010), pp.369-370, (September 2010).
  2. Yamamoto, S., Murata, Y., Shibata, N., Yasumoto, K., and Ito, M.:
    QoS Adaptation in Streaming 3D Graphics for FAIRVIEW,
    Proceedings of the 18th International workshop on Network and Operating Systems Support for Digital Audio & Video (NOSSDAV 2008), pp.125-126, (May 2008).
  3. Nishikawa, H., Yamamoto, S., Tamai, M., Nishigaki, K., Kitani, T., Shibata, N., Yasumoto, K., and Ito, M.:
    UbiREAL:Simulator for Network Appliances and Physical Quantities in Smartspace,
    Proceedings of the 8th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), (September 2006).

Domestic Conference (Reviewed) / 研究会・全国大会(査読付き)

  1. 山本 眞也,勝間 亮:
    移動センサノードのためのボロノイ図による巡回経路生成アルゴリズムの提案
    第25回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2017),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.9-15, (October 2017).
  2. 柴田 直樹,山本 眞也
    連結成分抽出のための並列アルゴリズムの AVX2命令セットを利用したCPU向け実装
    第21回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.300-307, (December 2013).
  3. 山本 眞也,柴田 直樹:
    アニメーションARマーカを用いたアドホック通信の提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,DICOMO2013シンポジウム論文集,pp.1090-1096, (July 2013).
  4. 河田 真宏,玉井 森彦,山本 眞也,安本 慶一:
    仮想ネットワークインターフェースを用いた無線LANネットワークにおける動的負荷分散方式の提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp.43-52, (July 2012).
  5. 藤井 賛,玉井 森彦,山本 眞也,安本 慶一:
    アクセスポイント搭載車両を利用した屋外ユーザ向けWi-Fiオフローディング手法の提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp.53-62, (July 2012).
  6. 中村 勇貴,山本 眞也,玉井 森彦,安本 慶一:
    ユーザの行動履歴に基づくAR効果を用いた日常生活支援手法
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp.459-467, (July 2012).
  7. 山本 眞也,神山 直也,安本 慶一,伊藤 実:
    複数ユーザの嗜好を推測し快適性を実現するスマートスペースの提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,DICOMO2010シンポジウム論文集,pp.1309-1317, (July 2010).
  8. 小倉 和也,山本 眞也,安本 慶一,伊藤 実:
    スマートスペースにおける省エネ行動支援システムの提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,DICOMO2010シンポジウム論文集,pp.1808-1816, (July 2010).
  9. Marc T. Kouakou,山本 眞也,安本 慶一,伊藤 実:
    Cost-Efficient Deployment for Full-Coverage and Connectivity in Indoor 3D WSNs
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,DICOMO2010シンポジウム論文集,pp.1975-1982, (July 2010).
  10. 清川 皓太,山本 眞也,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間インタフェースを持つ情報家電リモコンの携帯端末上への実装
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム,DICOMO2009シンポジウム論文集,pp.26-35, (July 2009).
  11. 山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    実空間と仮想空間におけるインタラクションを一般的なネットワーク環境で実現するためのフレームワークの提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2007),DICOMO2007シンポジウム論文集,pp.1690-1699, (July 2007).
  12. 居細工 高人,山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    P2Pベースマルチプレイヤネットワークゲームにおけるパケット改竄の防止手法
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2006),DICOMO2006シンポジウム論文集,pp.465-468, (July 2006).
  13. 山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    現実空間ユーザと仮想空間ユーザのリアルタイム情報共有のためのフレームワークの提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2006),DICOMO2006シンポジウム論文集,pp.609-612, (July 2006).

Domestic Conference / 研究会・全国大会

  1. 山本 眞也,勝間 亮:
    ボロノイ図を用いた移動センサノードのための巡回経路探索アルゴリズムの提案
    第170回マルチメディア通信と分散処理・第76回コンピュータセキュリティ合同研究発表会, 情報処理学会研究報告 Vol.2017-DPS-170(32),pp.1-6, (March, 2017).
  2. 寺田 謙伸,小倉 広大,勝間 亮,山本 眞也,柴田 直樹:
    通信を考慮した可動ノードの屋内協調探索手法
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, (September, 2016).
  3. 柴田 直樹,山本 眞也
    SumiTag:あまり目立たないARマーカーとGPGPUを利用した読み取り方法
    第149回 マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会,情報処理学会研究報告 Vol.2011-DPS-149 No.9,pp. 1-8, (November 2011).
  4. 安本 慶一,小倉 和也,山本 眞也,伊藤 実:
    快適度の低下を最小限に抑える省エネデバイス制御手法
    第149回 マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会,情報処理学会研究報告 Vol.2011-DPS-149 No.9,pp. 1-8, (November 2011).
  5. Marc T. Kouakou,山本 眞也,安本 慶一,伊藤 実:
    Cost-Efficient Sensor Placement for Full Coverage of 3D Indoor Space with Moving Obstacles
    第57回 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会,情報処理学会報告 Vol.2011-UBI-29, No.21,pp.145-152, (March 2011).
  6. 林 由クン,山本 眞也,木谷 友哉,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    多数の情報家電を仮想空間を介して遠隔操作するフレームワークの提案
    第44回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)・第17回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 合同研究発表会,情報処理学会報告 Vol.2008-UBI-18,pp.9-16, (March 2008).
  7. 西川 博志,山本 眞也,玉井 森彦,西垣 弘二,木谷 友哉,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    系統的なテストを可能にするユビキタスアプリケーションシミュレータの提案
    第36回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)・第10回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)合同研究会,情報処理学会報告 Vol.2006-UBI-14,pp.239-244, (February 2006).
  8. 居細工 高人,山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    P2Pベースマルチプレイヤネットワークゲームにおけるチートの分散検出法
    コミュニケーションクオリティ(CQ)・モバイルマルチメディア通信(MoMuC)・マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)合同研究会,電子情報通信学会研究報告 CQ2005-81,pp.13-18, (January 2006).
  9. 山本 眞也,村田 佳洋,安本 慶一,伊藤 実:
    マルチユーザネットワークゲームにおける負荷分散および遅延時間を考慮したイベント配送機構の提案
    第122回 マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会,情報処理学会研究報告 2005-DPS-122,pp.99-104, (March 2005).
  10. 山本 眞也,村田 佳洋,安本 慶一,伊藤 実:
    P2P環境でのネットワークゲーム向け負荷分散機構とその評価
    第3回 情報科学技術フォーラム(FIT 2004),情報科学技術フォーラム講演論文集,pp.265-266, (September 2004).

Domestic Conference (Demonstration) / 研究会・全国大会デモ

  1. 山本 眞也,柴田 直樹:
    マーカを利用した間取り図自動作成システムの提案
    第24回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.191-192, (October, 2016).
  2. 柴田 直樹,山本 眞也
    線形モーションぶれに耐性のある円形バーコード
    第23回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2015),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.216-217, (October 2015).
  3. 山本 眞也,柴田 直樹,勝間 亮:
    屋内位置推定用マーカにおける不可視化の検討
    第22回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2014),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.138-142, (December 2014).
  4. 山本 眞也,柴田 直樹:
    アニメーション・マーカを用いたアドホック通信
    第21回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.120-123, (December 2013).
  5. 清川 皓太,山本 眞也,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間インタフェースを持つ携帯情報家電リモコン UbiREMOTE
    第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2009), (October 2009).
  6. 山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹, 安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間におけるユーザ間インタラクションを実現するためのユーザ視野に基づくQoS適応機構
    第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2008), (December 2008).
  7. 清川 皓太,神山 直也,山本 眞也,木谷 友哉,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    スマートホーム設計開発支援システムUbiREAL
    第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2008), (December 2008).
  8. 西川 博志,山本 眞也,玉井 森彦,西垣 弘二,木谷 友哉,柴田 直樹, 安本 慶一,伊藤 実:
    スマートスペースシミュレータUbiREALの提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2006),DICOMO2006シンポジウム論文集,pp.945-948, (July 2006).

Domestic Conference (Poster) / 研究会・全国大会ポスター

  1. 寺田 謙伸,小倉 広大,勝間 亮,山本 眞也,柴田 直樹:
    通信接続性を重視した可動ノードの未知領域協調探索手法
    第24回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.202-205, (October, 2016).
  2. 勝間 亮,柴田 直樹,山本 眞也
    カメラモニタリング向けセンサノードの発光による障害物の位置推定手法の検討
    第23回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2015),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.244-245, (October 2015).
  3. 勝間 亮,山本 眞也,柴田 直樹:
    災害時の屋内3Dマップ生成のための可動ノードの協調探索手法の提案
    第22回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2014),マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.50-54, (December 2014).

Book Chapter / 出版物 寄稿

  1. Shinya Yamamoto, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto and Minoru Ito :
    QoS Adaptation for Realizing Interaction Between Virtual and Real Worlds Through Wireless LAN,
    Advanced Wireless LAN, Dr. Song Guo (Ed.), ISBN: 978-953-51-0645-6, InTech, pp.101-120, (June. 2012).

Invited Lecture / 講演

  1. 山本 眞也
    ユビキタスコンピューティングから考えるIoT,
    「製造業におけるIoT・Industrie4.0 の活用」講演会(東京理科大学連携強化事業),公益財団法人 長野県テクノ財団,(2015).

misc / その他

  1. 情報処理学会 研究会推薦博士論文速報 掲載
    大規模な仮想共有空間を介した多人数ユーザ間インタラクションの普及環境における実現法
    情報処理学会 学会誌 情報処理,Vol.51 No.12 pp. 1633, (December 2010).

Awards / 受賞歴

  1. 2017年度(平成29年度) 山下記念研究賞
    山本 眞也
    ボロノイ図を用いた移動センサノードのための巡回経路探索アルゴリズムの提案
    [2017-DPS-170(2017/3/3)](マルチメディア通信と分散処理研究会), (2017).
  2. 優秀ポスター賞
    寺田 謙伸,小倉 広大,勝間 亮,山本 眞也,柴田 直樹:
    通信接続性を重視した可動ノードの未知領域協調探索手法
    第24回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016),pp. 202-205, (October 2016).
  3. 優秀デモンストレーション賞
    柴田 直樹,山本 眞也
    線形モーションぶれに耐性のある円形バーコード
    第23回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2015),pp. 216-217, (October 2015).
  4. 優秀デモンストレーション賞
    山本 眞也,柴田 直樹,勝間 亮:
    屋内位置推定用マーカにおける不可視化の検討
    第22回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2014),pp. 138-142, (December 2014).
  5. 優秀デモンストレーション賞
    山本 眞也,柴田 直樹:
    アニメーション・マーカを用いたアドホック通信
    第21回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013),pp. 120-123, (December 2013).
  6. 優秀論文賞
    山本 眞也,柴田 直樹:
    アニメーションARマーカを用いたアドホック通信の提案
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,pp. 1090-1096, (July 2013).
  7. 優秀論文賞
    Marc T. Kouakou,山本 眞也,安本 慶一,伊藤 実:
    Cost-Efficient Deployment for Full-Coverage and Connectivity in Indoor 3D WSNs
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp. 1975-1982, (July 2010).
  8. ベストデモンストレーション賞
    清川 皓太,山本 眞也,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間インタフェースを持つ携帯情報家電リモコン UbiREMOTE
    第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2009), (October 2009).
  9. 特別セッション賞
    山本 眞也,村田 佳洋,柴田 直樹, 安本 慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間におけるユーザ間インタラクションを実現するためのユーザ視野に基づくQoS適応機構
    第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2008), (December 2008).
  10. 特別セッション賞
    清川 皓太,神山 直也,山本 眞也,木谷 友哉,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    スマートホーム設計開発支援システムUbiREAL
    第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2008), (December 2008).
  11. 第22回電気通信普及財団テレコムシステム技術学生賞(佳作)
    西川 博志,山本 眞也,玉井 森彦,西垣 弘二,木谷 友哉,柴田 直樹, 安本 慶一,伊藤 実:
    UbiREAL: Realistic Smartspace Simulator for Systematic Testing
    テレコムシステム技術学生賞論文, (March 2007).

外部資金獲得実績

  1. 平成29年度 科学研究費補助金(若手研究B)
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    研究課題名:多目的自律移動ノードのための経路探索手法
    研究分担:代表,
    交付金額:平成29年度2,210千円(直接経費1,700千円,間接経費510千円), 平成30年度配分予定額1,690千円(直接経費1,300千円,間接経費390千円)
  2. 平成26年度 科学研究費補助金(基盤研究C)
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    研究課題名:災害救助支援のための自律型移動センサノードの協調動作による災害後屋内マップの生成
    研究分担:代表,
    交付金額:平成26年度1,820千円(直接経費1,400千円,間接経費420千円), 平成27年度1,560千円(直接経費1,200千円,間接経費360千円), 平成28年度1,300千円(直接経費1,000千円,間接経費300千円)
  3. 平成23年度 科学研究費補助金(若手研究B)
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    研究課題名:情報過多な共有仮想空間における情報の差別化とユーザの意識誘導の実現
    研究分担:代表,
    交付金額:平成23年度1,430千円(直接経費1,100千円,間接経費330千円), 平成24年度1,300千円(直接経費1,000千円,間接経費300千円), 平成25年度1,430千円(直接経費1,100千円,間接経費330千円)
  4. 平成21年度 科学研究費補助金(スタートアップ)
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    研究課題名:普及環境における多人数参加型の実・仮想空間混合インタラクションの実現に関する研究
    研究分担:代表,
    交付金額:平成21年度1,404千円(直接経費1,080千円,間接経費324千円), 平成22年度1,274千円(直接経費980千円,間接経費294千円)
  5. 平成20年度 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    日本学術振興会 特別研究員 DC2
    研究課題名:現実と仮想空間を跨る協調作業支援を目的としたフレームワークの実現に関する研究
    研究分担:代表,
    交付金額:平成20年度 600千円, 平成21年度 辞退